とらりもんHOME  Index  Search  Changes  Login

ESA SNAPを使ったSAR画像解析3(便利な機能)

視覚的なSAR画像の表示

SAR画像は偏波の情報を持っています。そのため、それぞれの偏波に色を割り当ててカラー画像として表示することも可能です。この手法によって、偏波の地表の特徴に対する反応の違いを視覚的に見ることができます。

  1. 上部のWindow→Open RGB Image Windowを選択してください。
  2. Red,Green,Blueにバンドを割り当てることができます。「ESA SNAPを使ったSAR画像解析1」で処理した画像を用いる場合には、3つの色に対して2つのバンドしかないため、BlueがVV/VHと設定されていると思います。
  3. OKを押せば各バンドの値をRGBに割り当てた画像が表示されます。

サブセットの作成

衛星から撮影された画像はスケールが数100km単位のものが多く、そのまま扱うと処理時間や記録容量の点で好ましくありません。そのため解析対象の地域について切り出した「サブセット」を作成し、その領域について様々な処理や解析を行うことができます。

  1. 解析したい地域が大きな画面に収まる様に調整した後、右クリックして出てくるメニューから" Spatial Subset From View"を選択します。
  2. 使うバンド(SAR衛星では偏波)を選ぶ場合には、Band Subsetで使いたいバンドを選んでください。
  3. OKを押せばProduct Explorerに選んだ領域のサブセットが作成されます。
  4. サブセットについてスペックルフィルタや幾何補正を行うことで、処理時間を大幅に短縮することができます。

画像の出力

編集した画像は位置情報の付与、幾何補正が終えることで、さまざまなフォーマットで出力・使用することができます。

  1. 出力したい範囲が表示されている様に調節したら、画面上で右クリックをします。
  2. メニューが表示されるので、”Export a google KMZ file from view”を選択します。
  3. 指定した保存場所にKMZファイルが作成されます。このファイルをドラッグ&ドロップでGoogle Earthに入れれば、編集したSAR画像をGoogle Earth上で操作することができます。
  • GeoTIFFファイルの作成方法
  1. 左上の File→ export→ GeoTIFF/BigTIFFを選択します。
  2. 保存場所とファイル名を指定して保存してください。これによってpythonやgdalでSARデータを扱うことが容易になります。
Last modified:2019/07/04 14:11:09
Keyword(s):
References: