とらりもんHOME  Index  Search  Changes  Login

ESA SNAPを使ったSAR画像解析1(SNAPのインストール)

2019/5/13 筑波大学 嶌田将貴

ESA SNAPとは

  • SNAP (Sentinels Application Toolbox)とは、ESA (European Space Agency, 欧州宇宙機構)が所有しているSentinel1、Sentinel2、Sentinel3などに加え、日本のALOSなどの衛星データも扱えるオープンソフトの衛星画像処理ソフトです。
  • SAR衛星のSentinel1やALOS-2のデータを扱うソフトは多くなく、購入するとかなりの値段となるものも多いです。そのため、フリーソフトかつ機能の充実したSNAPはSAR画像を使う上でとても役立つと考えています。(Linuxでも動きます。)

SNAPのインストール方法

SNAPをインストールしてみましょう。ダウンロードはここ(http://step.esa.int/main/download/snap-download/ )からできます。WindowsとMacを使っている場合には問題ないと思うのですが、Linux用のインストーラーをGoogle Chrome経由でダウンロードすると何故かできない(ファイルが落ちてこない)ので、Linuxを使っている場合には firefoxなどを使ってアクセスしてください。

インストーラーのダウンロードが完了したら、インストーラーを入れたディレクトリまで移動してください。インストーラーを入れたディレクトリに移動したら、以下のコマンドをターミナルに入力してください。(この場合はesa-snap_all_unix_6_0.shを使っていますが、インストーラーのファイル名はダウンロードした時の名前に合わせて変えてください。)

$ sudo chmod +x esa-snap_all_unix_6_0.sh
$ ./esa-snap_all_unix_6_0.sh 

これらを入力するとインストーラーが出てくると思うので、指示にしたがってインストールを完了してください。 インストールが完了したら、SAR画像を使ってみましょう!

参考資料です。

Last modified:2019/06/13 14:21:34
Keyword(s):[Sentinel-1] [SAR] [ALOS] [ALOS-2]
References: