とらりもんHOME  Index  Search  Changes  Login

とらりもん - 条件分岐 Diff

  • Added parts are displayed like this.
  • Deleted parts are displayed like this.

<[[C言語入門]]に戻る>

 条件を判定して処理を分岐するには、{{(fontc(if文, red)}}を使う。例として, 与えられた整数が偶数(even number)か奇数(odd number)かを判定するプログラムを, 以下に示す。まず, これを入力し, コンパイルして実行してみよう!

    1. /* iftest.c */
    2. /* compile: $ gcc iftest.c -o iftest */
    3. /* 2017/02/18 K. Nasahara */
    4. # include <stdio.h>
    5. main()
    6. {int x;
    7. printf("Give me a number!\n");
    8. scanf("%d", &x);
    9. if (x%2==0) printf("%d is an even number!\n", x);
   10. else printf("%d is an odd number!\n", x);
   11. }

注意: 左端の数字(6.など)は打ち込まないで良い。

$ gcc iftest.c -o iftest
$ ./iftest
Give me a number!
4
4 is an even number!
$ ./iftest
Give me a number!
7
7 is an odd number!
$

 では解説しよう。9行目がポイントである。if ( ... )という構文である。これは, ( )の中の条件を調べて, もしそれが成り立つのなら, それ以下の処理(if文と同じ行のコマンド, もしくは, if文の次の1行のコマンド, もしくは, if文に続く{ }で囲まれたコマンド)を実行する。条件が成り立たない場合, elseという文の後にある処理を実行する。

 ここで, ifの中の
    x%2
は、xを2で割った余りを求める計算である。こういう計算を{{fontc(剰余計算, red)}}(modulo calculus)という。剰余計算はプログラミングでよく使う。また,
    x%2==0
の, 等号を2つ連続させることには大切な意味がある。これが=というふうにひとつだけだとうまくいかない。

'''課題4-1''' 上のプログラムの9行目の==を=にすると, 何が起きるか? (やってみよ)

'''課題4-2''' 上のプログラムの10行目を削除すると, 何が起きるか? (やってみよ ... ていうか, 以後, 「やってみよ」と書かれてなくても, こういうときは自分から実際に手を動かしてやってみてね! やらずに考えるだけじゃダメだよ。)

 別の例を挙げよう。次のプログラムは、「3では割り切れるが2では割り切れない数」を判定する:

     1. /* iftest2.c */
     2. /* compile: $ gcc iftest2.c -o iftest2 */
     3. /* 2017/02/18 K. Nasahara */
     4. # include <stdio.h>
     5. main() //プログラム本体のはじまり
     6. {
     7. int x;                          //変数x の宣言。
     8. printf("Give me a number!\n");  //メッセージをコンソールに表示。
     9. scanf("%d", &x);                //ユーザーから変数xに値を代入する。
    10. if (x%3==0 && x%2!=0) //条件の設定。
    11. printf("It's my favorite number!\n");  //メッセージをコンソールに表示。
    12. else printf("I don't like it...\n");   //条件が成り立たない場合の処理。メッセージをコンソールに表示。
    13. }

注意: 左端の数字(6.など)は打ち込まないで良い。

$ ./iftest2
Give me a number!
9
It's my favorite number!
$ ./iftest2
Give me a number!
7
I don't like it...
$ ./iftest2
Give me a number!
6
I don't like it...
$

 この10行目がポイントである。2つの条件の「両方を満たすこと」を条件にしたい場合は, それらを「 && 」でつなぐのだ。1個だけの&ではダメである。

また, x%2!=0というのもポイントである。「!=」というのはどういう意味を持つか, 考えてみよ(わかるよね)。

'''課題4-3''' 上のプログラムの&&を||に書き換えてみよ。何が起きるか? そこから, ||の意味を推測せよ。

'''課題4-4'''
昔, 「世界のナベアツ」という芸人が, 「3の倍数と3がつく数でアホになり, 5の倍数で犬っぽくなります」という芸を[[やっていた|https://www.youtube.com/watch?v=3YDuhXp9S7s]]。それをプログラミングせよ。すなわち, 以下のような出力をするプログラムである(どの数までやるかはユーザーが入力する):
1:
2:
3: Aho
4:
5: Inu
6: Aho
7:
8:
9: Aho
10: Inu
11:
12: Aho
13: Aho
14:
15: Aho Inu
16:
17:
18: Aho
19:
20: Inu
21: Aho
22:
23: Aho
24: Aho
25: Inu
26:
27: Aho
28:
29:
30: Aho Inu
31: Aho
32: Aho
33: Aho
34: Aho
35: Aho Inu
36: Aho
37: Aho
38: Aho
39: Aho
40: Inu


<[[C言語入門]]に戻る>