とらりもんHOME  Index  Search  Changes  Login

パーミッション

パーミッション

ファイルやフォルダには、他人に見られたくないとか、誤って書き換えしたくないなど、安全上の対策を施したい場合がある。そのような対策の設定を「パーミッション」と呼ぶ。許可するかしないか?のことである。パーミッションは、ファイルやフォルダに対して、読む・書く・実行するの3種類の行為を、ユーザーごとに制限することである。

各ファイル・フォルダのパーミッションの状態は、ls -lを実行したときに左端に出る、

   -rwxr-xr-x 

のような記号に表される。rは読みとり、wは書き込み、xは実行のパーミッションで、該当個所が-になっていればそのパーミッションは消されている(許可しない)状態である。rwxrwxrwxと3回繰り返されているのは、左から順に、所有者に対するパーミッション、グループに対するパーミッション、大衆に対するパーミッションである。

パーミッションを変更するには

chmodというコマンドを使う。

課題 以下の操作を行い、結果を解釈せよ:

   $ cd
   $ mkdir test
   $ ls -l test
   合計 0
   $ chmod -r test  (読みとりのパーミッションを消す)
   $ ls -l test
   ls: ディレクトリ test を開くことが出来ません: 許可がありません
   $ chmod +r test  (読みとりのパーミッションを与える)  
   $ ls -l test
   合計 0
   $ chmod -w test  (変更パーミッションを消す)
   $ mkdir test/test2
   mkdir: ディレクトリ `test/test2' を作成できません: 許可がありません
   $ chmod +w test  (書き込みのパーミッションを与える)        
   $ mkdir test/test2
   $ ls -l test
   drwxrwxr-x 2 ???? ???? 4096 ??月 ?? ??:?? test2/
   $ chmod -x test
   $ ls -l test 

参考になるサイト

Unix/Linux入門へ戻る>

メモ: ディレクトリ内のすべてのファイルのパーミッションをいっぺんに変えるには

chmodのコマンドに、-Rオプションをつけます。

$ chmod -R 644 /home/takeshi/file
Last modified:2014/11/27 20:11:10
Keyword(s):
References:[微分方程式をfortran で解く] [シェルスクリプト入門] [Unix/Linux入門]