とらりもんHOME  Index  Search  Changes  Login

MODISデータ解析ツールのインストール

  • 2016/08/29 新井美咲
  • 2003/08/17 西田顕郎 
  • 2005/01/30 西田顕郎
  • 2010/04/22 村上修正
  • 2011/12/01 田中健太郎 移設, 修正, 加筆

(以下の記述は, Ubuntu Linux 11.04 32bit版での実行を想定しています。)

はじめに

MODISの陸域データは、NASAやEOSなどのウェブサイトからダウンロードした状態では使いにくい。なぜなら,

  • HDF-EOSという特殊なフォーマットで記述されている。
  • 高次プロダクトは, ISINという特殊な地図投影法で表現されている。

からである。そこで, これらを使いやすいフォーマット・使いやすい地図投影法に変換する必要がある。そこで頼りになるツールがModis Toolである。

Modis Toolは, USGS(米国地質調査所)が無償配布している、MODISデータ変換プログラムである。ちなみに, Modis Toolに頼らず、直接HDFを読み込む方法もある。

Javaのダウンロードとインストール

Modis Toolは、Javaを使うため、まずはJavaの環境を整える必要がある。 Javaの有名どころとしては、Sun JdkとOpenJdkがあるが、 今回は、前者のSUN社が開発・無償配布しているプログラム開発実行環境を使用する。

※SunjavaとOpenJDKの違いはここ

ここからダウンロード

※今回は、java version 6 update 29 をダウンロード。 ※Linuxが64bit版の場合、Linux_x64をダウンロード。

java.png

ダウンロード後は、ダウンロードしたフォルダに移動し、

$ chmod +x jre-6u29-linux-i586.bin
$ ./jre-6u29-linux-i586.bin

64bit版の場合、ダウンロード後、ダウンロードしたフォルダに移動し

$ tar zxvf jre-8u144-linux-x64.tar.gz

すると、jre~~~ から始まるディレクトリが作成されている。このディレクトリを以下に移動し、使えるようにパスを通す。

Javaのホームディレクトリを作成する。

$ sudo mkdir /usr/local/Java
$ sudo mv jre1.6.0_29/ /usr/local/Java       <---- このようにしておくと、Javaのバージョン管理が楽になる。
$ sudo chmod +x 
$ export PATH=/usr/local/Java/jre1.6.0_29/bin:$PATH  ※既にJavaをインストールしてある場合には、PATHを修正。
(export の文は、.bashrcに追記する。) 

※64bit版では、パーミッションはすでに実行許可されているので必要なし。

これでインストールは、完了である。試しにバージョン確認を行ってみると、

$ java -version
java version "1.6.0_29"

となり、正しくバージョンが表示されているのがわかる。

MODIS Toolのダウンロードとインストール

Modis Tool には、Modis Reprojection Tool (以下 MRT) と Modis Reprojection Tool swath (以下 MRTS) が存在し、 MODISデータの処理レベルによって、使い分ける必要がある。 例えば、L1Bデータなどの低次プロダクトを扱う場合はMRTSを使用し、 L2G, L3, L4以上のデータについてはMRTを使う。

※処理レベルが高いほど、生データ(観測直後のデータ)から加工されている。

Modis Reprojection Toolのインストール方法

USGS MODIS Reprojection Tool

上記のサイトにて、ユーザー登録を行い、MRT_download_Linux.zipをダウンロードする。(32bit もしくは64bit版かは、自己の環境に合わせる。)

インストール先は、どこでも構わないが今回は、/home/"user_name"/MRTとする。

$ mv MRT_download_Linux.zip /home/"user_name"
$ unzip MRT_download_Linux.zip
$ ./mrt_install

質問には、yesでOK。

次に環境変数に設定を行う。(以下は、.bashrcにも追記する。)

$ export PATH=/home/"user_name"/MRT/bin:$PATH
$ export MRT_DATA_DIR=/home/"user_name"/MRT/data
$ export MRT_HOME=/home/"user_name"/MRT

これでインストールは完了である。

$ ModisTool

と打ち、下記の画面が表示されれば、正しくインストール出来ている。

MRT.png

もしもJavaが見つからないといったエラーが起きている場合は、 MRTの設定ファイルを編集し、Javaのインストールディレクトリを 指定する必要がある。(※一般的に"パスを通す"という作業)

MRTが正しくJavaを使えるように、下記の通りプログラムを一部書き換える。

$ vi /home/<user_name>/MRT/bin/ModisTool

# Run the MRT Java GUI.
"/usr/local/Java/jre1.6.0_29/bin/java" -jar "$MRT_HOME/bin/ModisTool.jar"      <----この部分を変更。Javaへのパスを入力する。

Modis Reprojection Tool Swathのインストール方法

基本的な流れは、MRTと一緒である。下記のサイトよりMRTSwath_download_Linux.zipをダウンロードする。

USGS MODIS Reprojection Tool Swath

今回は、/home/"user_name"/MRTSwath にインストールする。

$ mv MRTSwath_download_Linux.zip /home/"user_name"
$ unzip MRTSwath_download_Linux.zip
$ ./install

質問には、yesでOK。

次に環境変数に設定を行う。(以下は、.bashrcにも追記する。)

$ export PATH=/home/"user_name"/MRTSwath/bin:$PATH
$ export MRTSWATH_DATA_DIR=/home/"user_name"/MRTSwath/data
$ export MRTSWATH_HOME=/home/"user_name"/MRTSwath

これでインストールは完了である。

$ ModisSwathTool

と打てば、起動できる。

MRTと同様に、Javaが見つからないといったエラーが起きている場合は、下記の通りプログラムを一部書き換える。※パスを通す。

$ vi /home/"user_name"/MRTSwath/bin/
# Run the MRTSwath Java GUI.
"/usr/local/Java/jre1.6.0_29/bin/java" -jar "$MRTSWATH_HOME/bin/ModisSwathTool.jar"  <---この部分を変更。Javaへのパスを入力する。

戻る

Last modified:2017/08/29 17:03:50
Keyword(s):
References:[MODIS] [中分解能衛星Terra/MODIS]